膝の痛みでお困りの方

膝の痛み|仙台市若林区・沖野・上飯田

ご相談の多い症状・お悩み

このような症状はございませんか?

膝の痛み|仙台市若林区・沖野・上飯田

  • 歩くと膝が痛い。
  • 膝が痛くて、階段の昇り降りが困難。
  • 正座などで膝を曲げることができない。
  • 膝が腫れている。
  • 膝や脚全体が重く怠い。
  • 身体が冷えると膝の痛みが増すことがある。 
  • 他院の治療で膝の痛みが改善されなかった。

膝の痛みには急性的なものや、長期間続く慢性的なものまで、患者様の症状によって異なります。

膝周辺の筋肉を中心として、筋肉が緊張し硬くなることで痛みが出ている患者様が多いです。まずは、カウンセリングを徹底し痛みの原因を明確にしてから治療を開始していきます。症状がひどい方、治らないと諦めている方も一度当院にご相談下さい。

高齢者の方に多い症状

  • 立ったり座ったりするときに痛みを感じる。
  • 歩き始めなど動作の最初に痛みを感じる。
  • 階段の昇り降り(特に下り)に強く痛む。
  • 膝が伸びきらず、動きが悪いと感じる。
  • 膝または膝の裏が腫れている。
  • 正座がしにくい、できない。
  • O脚になっている。

以上のような症状に心当たりがある方は、「変形性膝関節症」の疑いがあります。
整形外科で「手術しないと治らない」と診断された方でも、諦めずに、一度、はやぶさ整骨院へご相談下さい。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症とは、膝関節にある軟骨のすり減り、摩耗により関節が変形している状態です。

  • 膝に負担をかける歩き方をしている。
  • 運動不足で筋力が弱まっている。
  • 体重増加で膝に負担がかかっている。

以上の方は、変形性膝関節症になりやすい傾向にあります。

  • 膝(特に内側)の痛みがある。
  • 曲げ伸ばしをする際の痛みがでる。
  • 膝に水が溜まる。(腫れてくる)

という方は、炎症が起きてしまっていることが多いため、まずは炎症を抑えて、痛みの軽減を目指していきます。

手術に頼らない選択肢を

膝の痛み|仙台市若林区・沖野・上飯田

一度、骨の変形が進んでしまったものは、手術をしない限り元には戻りません。しかし、諦める必要はありません。膝周囲にある筋肉を柔らかくすることで血液の循環が良くなるため、痛みを抑制させることができます。

痛みが軽減し、その進行を抑えることができれば、「手術しなければいけない」と診断された方でもその選択肢は広がります。

はやぶさ整骨院では、痛みが出ている部位だけではなく、臀部・大腿部・下腿部と脚全体の筋肉を緩める手技を行ないます。

はやぶさ整骨院の治療メニューへ

スポーツに励む方に多い症状

スポーツによる膝の痛み|仙台市若林区・沖野・上飯田

  • 膝のお皿の下に痛みを感じる。(ジャンパー膝)
  • 膝の下が腫れている。(オスグット病)
  • 膝の外側が痛む。(ランナー膝)
  • 運動を再開すると痛みが強くなる。

スポーツによる膝の痛みは、成長期のお子様だけでなく、スポーツに熱中する大人まで、年齢問わず幅広く発症するケガです。痛みの大半は、筋肉が硬くこっている状態で、繰り返し過度な負担をかけ続けることで発症します。

練習を休んで、膝への負担をなくせば痛みは和らぎます。しかし、安静にしているだけでは、スポーツを再開したタイミングでまた症状は再発します。

症状が軽いうちに治療を

スポーツによる膝の痛み|仙台市若林区・沖野・上飯田

症状が軽いうちに定期的に治療をすることで、完全に安静にしなくとも、練習(運動)を続けながら症状改善は可能です。痛くなってから治療するのではなく、痛くならないように施術を受けることをこころがけましょう。大事な試合を控えたタイミングで、重度のケガを負わないように、日頃から予防意識を高めていくことが大切です。

はやぶさ整骨院の治療メニューへ

 

成長期のお子様に多い症状

膝の痛み|仙台市若林区・沖野・上飯田

  • 両膝に痛みを感じる。
  • 翌日には痛みが和らいでいることが多い。
  • 整形外科では「安静にしなさい」と言われた。
  • 練習を続けながら、痛みを軽減させたい。

12歳くらいまでのお子様の身長が急激に伸びる時期に、痛みを感じやすい成長痛。膝やかかとに痛みを感じる方が多いです。成長痛は、骨や筋肉・靭帯などに異常が起きているわけではありません。しかし、成長過程において、膝の周りの筋肉が硬いことで、成長の妨げになってしまうことが想定されます。

筋肉を柔らかくして、痛みの軽減を

当院では、痛みが出現している場所だけ治療するのではなく、臀部・太もも・ふくらはぎなど、脚全体(もしくは身体全体)をみながら、丁寧に筋肉を緩めていきます。手で直接刺激を与えることで、痛みの軽減が期待できます。

スポーツに励むお子様は、なかなか休むことができないということもあると思います。定期的に通院して頂き、筋肉を緩めながらケアをしていくと、症状も緩和され、再発防止にも繋がります。一度、ご相談下さい。

はやぶさ整骨院の治療メニューへ

患者様へのメッセージ

日頃、生活する中で、膝に負担をかけてしまうことは意外と多いのです。立ちっぱなしや中腰など、同じ姿勢や動作をしていると、膝へのストレスが蓄積させて筋肉を痛めやすくなります。

スポーツを楽しんでいらっしゃる方は、運動をする前後の身体のケアを怠らないようにしましょう。逆に運動不足だという自覚がある方は、ストレスにならない程度でも構いませんので、なるべく身体を動かすことを心がけるようにして下さい。脚の筋力低下は、膝の関節へ負担をかけ、痛くなってしまうリスクを高めます。ご高齢の方は注意が必要です。

日常生活の習慣や癖(歩き方、座り方など)を改善するだけで、膝への負担は軽減できます。関節の組織(軟骨・半月板、靭帯・腱・関節包 など)が損傷してしまうと、その分、治療には時間がかかります。痛みが出ないように定期的にケアをする、もしくは痛みが軽度の段階でしっかりと治療することが大切です。

TEL:022-282-5205メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
はやぶさ整骨院 ブログ Facebook